【LANDLIFE調布国領】お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

10/28に開催されたLANDLIFE調布国領でのイベント、「LANDLIFE〜秋のあそびかた 1棟まるごと秘密基地〜」 無事終了いたしました。

イベント詳細

 

 

 

 

(株)ツクルバの方からお声がけいただき、今まで参加したことのないスタイルのイベントなので楽しみにしていたのですが、台風だけが心配でした。
ただ蓋を開けてみたら雨が上がっている時間も多く、なんとか夕方までもちこたえ(搬出の時はザーザーでしたが・笑)、広いお庭に子供達の歓声が響き渡った、楽しい1日でした。

マンションの見学に来られたお客様、ワークショップやイベントそのものを楽しみに来ていただいたお客様、そして調布で個人的に知り合ったお客様、たくさんの方にお越しいただきました。
(お昼過ぎの時点でカウントが200名とのことでした!最終的に何名くらい来られたのか・・・)

お越しいただいた皆様、サポートいただいた運営の皆様に、この場を借りて感謝申し上げます。
イベントの様子と感想をまとめましたのでご覧ください。

イベントの様子

LANDLIFEの中庭。元は社宅だった低層階の建物で、コンクリの使い方なんかとてもモダンな感じ。リノベされたお部屋も拝見しましたが素敵でした。住んでみたい。
ワークショップや雑貨販売以外にも、パン屋さんやコーヒー屋さんが出展。お客さんに店番してもらい(笑)、私もパンを買いましたがもちもちでおいしかったです。

 

 

 

 

お子さん連れの方が多く、中庭で子供達が歓声をあげて走り回っていました。中には太田区から神奈川経由で来られた方も。
各棟を回っての宝探しゲーム。大人だけじゃなく子供も楽しく滞在できる仕掛けがいっぱいのイベントでした。

 

 

 

 

 

マンションの一部屋を使って壁にお絵描き。これだけ広い所に描けたら楽しいよねーと、昔自分が行った青山こどもの城のことを思い出してました。隣の部屋には綿が敷き詰められていて子供達が綿だらけに。
草木染め(玉ねぎの皮!)のワークショップ。色の定着に時間がかかるので、その間子供達は遊びに行き、大人はコーヒーを飲んでおしゃべり。染め上がってどんな柄になったか互いに見合う瞬間、皆笑顔。

 

 

 

 

私のブース。缶バッチ&似顔絵のワークショップ以外に、雑貨やハロウィンのお菓子(なくなって写真には1個しか写ってないですが・・・写真撮るの遅い)を用意しました。
真剣に描いております。「どら猫のワンちゃん」の絵がいい感じだったので褒めたら「これじゃダメだ!」と言われました(笑) 画伯の理想は高いようです。
似顔絵も描かせていただきました♪ 男の子率高くて内心ちょっとドキドキしながら描いてました(女の子の方が得意・笑)
イケメン。

イベントの感想

イベントに参加しての感想をまとめてみました。

1.とても楽しいイベントでした。

「一棟まるごと秘密基地」ということで、子供達は来る前からテンション高いし、大人の私も(おそらくお客様も)どこの部屋に何があるんだろう?と内心ワクワクしました。

マンションの紹介・内覧というと、たいてい子供にとっては退屈で、反対に子供がワークショップに熱中してる時は大人が手持ち無沙汰みたいな構図になりがちだと思うんですが、今回はどちらも我慢することが少ない、とてもバランスの良いイベントだったのではないかと思いました。

また地元のお客様ばかりかと思いきや、遠方からワークショップ目的で来ました!国領駅初めて降りました!というお客様もいらっしゃり、運営の方がどういった告知や集客をされたのか私は把握してませんが、「facebookで見た」「学校で子供がチラシをもらってきた」等々お客様から聞き、良い導線を作っていただいたんだなぁと感じました。

2.子どもにはかなわない。

今回もワークショップを通じて沢山の子供たちと接する機会があったのですが、毎回思うのは「彼らは自由だ。本当にかなわない」ってことです。

端っこに描いても缶バッチにする段階で巻き込まれて見えなくなるよって言ってるのに、ひたすら端っこから描きまくる子、描きすぎてテーブルにまで飛び出して描いちゃってる子(紙が小さいのもあるんですが)、色を使いすぎて混ざりまくって最終的に何色なんだかわからなくなってる子。

「え、そこにそういう線描いちゃうんだ!?」とか、反対に「え、それだけしか描かないの??」とか。
上の写真のコメントにも書きましたが、「どら猫のワンちゃん」とかネーミングからしてもう・・・「何それ・・・犬なの?猫なの?」って興味しんしんですよ。面白い以外の言葉がない。

で、そういうものが缶バッチになると、またアバンギャルドないい感じの缶バッチが出来上がるわけです。
本当にかなわない。

そういう姿を見る度に「私は自由か?」って問いかけられてる気がします。
技術も必要だけど、上手くなることで見えなくなったり、新たに作られる思い込みみたいなものもあるなぁと。制約があることで面白いものが描けることもままあるのですが。
時節子どもの頃を振り返りながら、自由と制約のバランスの中でよいものを作っていきたいと思います。

3.伝え方も含めてクリエイティブに。点を線に。

今回のイベントに限らずいつも思っているのですが、伝え方やマネタイズの仕方も含めてのクリエイティブだよなぁと改めて考えています。

イベントやお仕事を受けるにあたり、自分の中の目的と目標を決めて、それにはどういったお金の出入がありどう言ったスケジュールになるのか書き出し、準備・制作し、イベントなら告知し、完成までこぎつけ、そして次回の告知や仕事につなげ点を線にし・・・この当たり前のサイクルを回すのに毎回四苦八苦。

今回もよりお客さんに伝わりやすいようにポップを作り、価格も整理し、でもいざ蓋を開けると「値札の文字小さくて目立たない!」とか「お客さんにこういうこともっと聞いとけば良かった!」とか小さいことから大きなことまで改善することが溢れてるわけです。どんなにいいもの作ってても伝わらなければ(ほぼ)意味はないわけで。

以前お会いした(私から見れば)きちんとできてる作家さんが「投稿1つにしてもこの言葉で反応が悪かったから、今度はこの言葉にしてみようとか日々考えてます」とおっしゃっていましたが、そういうことですよね、と。作品を作るだけがクリエイティブではないのですよ。日々積み重ねですよ。

以前に比べれば私もだいぶマシになってるとは思うのですが・・・楽しみながら精進あるのみです。

 

・・・という訳で、線にするべく【次回イベント告知】です!(笑)

次回のイベントは11/16の「はたらき方マルシェ」です。
シェアオフィスCo-ba調布などを運営するPolarisさんからお声がけいただき、今回初めて参加します。地域で起業された方の講演など面白いコンテンツが詰まっており、働くことを見直したり、新しく挑戦することのきっかけになるのではないかと。
私は仕事の実績紹介や相談会、ワークショップを行う予定です。お楽しみに♪

—————————————–

はたらき方マルシェ@調布vol.4
地域で“しごと”を創る~はたらき方でまちをおもしろく~

日時:2017年11/16(木)10:00~15:30
場所:調布たづくり12F 大会議場
参加費:¥1,000 (イベント当日にご利用いただける¥500分チケット×2枚付)

http://marchevol4.peatix.com
—————————————–

aisayama
Hello, my name is Ai Sayama and I am a japanese illustrator
currently living and working in Tokyo.
I graduated from the Sophia Univercity in Tokyo in 2006 and learned illustration in palette club school in 2012.
I love drawing motif about nature,human and animal.
Enjoy my colorful world!!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください